女の人

躁鬱とうつ病との違い|専門機関を受診しましょう

受診の心得

カウンセリング

初めて躁鬱の治療で病院を探すとき、病院のホームページを利用することが多いですが、情報収集をするときは診療内容や医師の経歴、衛生管理が行き届いているかを確認しましょう。また、精神保健指定医の資格がある医師は実績が豊富なので、信頼して治療を任せることができます。躁鬱の治療をしている病院を見つけるとき、数多くの病院の中から簡単に1つの病院を絞り込みたいときは、医療機関を紹介している検索サイトを利用すると良いでしょう。また、ネットの情報だけでは信ぴょう性にかけると感じたら、保健所や精神保健福祉センターに相談して病院を紹介してもらいましょう。保健所には保健師やケースワーカーなどが在籍している上に周辺の病院の情報に精通しているので、相談者の悩みをしっかり聞きながら要望に合わせた病院を見つけてくれます。ある程度病院の目処がついたらすぐに治療を始めるのではなく、電話相談やカウンセリングを行なって対応する医師やスタッフの受け答え方を確認するとよいでしょう。ホームページに掲載されている情報だけでは実際の病院の雰囲気は分からないので、自分の目で見て判断すればより信頼感も増します。カウンセリングをするときは、薬についての説明があるか、患者の立場に立って話をしてくれるかなどを重点的にチェックしましょう。躁鬱の治療をする上でカギになるのは医師と患者との間にある信頼関係です。医師が信用できないと患者も治療に対して不安を感じるので、1つの情報を鵜呑みにするのではなく、様々な情報を繋ぎ合わせながら病院探しを進めていきましょう。

躁鬱で精神科を受診するとき、殆どの場合医師とのカウンセリングや問診を行ないます。しかし、初めて精神科を受診する場合、自分の気持ちを上手く伝えられるか不安を感じるはずです。そもそも躁鬱で精神的に安定していない時に見知らぬ医師と話をすることは想像以上に負担がかかります。以前に比べて躁鬱という病気が世間に認知されるようになっていますが、それでも精神科は普通の内科のように気軽な気持ちでは受診できません。基本的に精神科の医師は患者がリラックスして話ができるように快適な診療環境を整えていますが、受診する患者の方も気持ちをしっかりと伝えられるように下準備をしておくと良いでしょう。まず最初に、日常生活の中で一番困っていることをしっかりと医師に伝えるようにしましょう。躁鬱には様々な症状があるので伝えたい事がまとまりきらないはずですが、感じている異常を一纏めにすると正確な診断ができずに誤った治療方法を取る可能性があります。また、症状が現れ初めてから現在に至るまでの経過を時間軸に沿って話すと聞いている方も理解しやすいですし、患者本人も頭を整理しながら自分の情報を伝えられるでしょう。