女の人

躁鬱とうつ病との違い|専門機関を受診しましょう

病院の違い

女医

精神疾患の患者が多くなっている今、治療を行なうための医療機関も増えてきています。精神疾患の中でも治療が難しい躁鬱は、迅速に正しい治療を行なうことで症状が徐々に良くなっていくので、的確な治療が受けられる病院を探して自分本来の生活を取り戻しましょう。病院を選ぶ基準としては、通いやすさや医師との相性がポイントになります。躁鬱の治療をするとなると長期スパンでの治療計画が重要なので、無理なく通える距離にある病院を選んだ方が良いでしょう。特に躁鬱は気分の落ち込みが著しく起こる鬱状態があるので、あまりに遠い場所に病院があるとわざわざ通うのも億劫になり、途中で治療を投げ出してしまう場合もあります。また、通いやすい距離にある病院でも医師との相性が悪いと症状は改善するどころか悪化してしまいます。躁鬱は患者の心と向き合いながら治療をする必要があるので、一方的に話を進めたり、すぐに薬を処方するような医師に治療してもらうと、病院に通うのがだんだん嫌になってきます。また、患者の立場に立てない医師は必死に病気と向きあおうとしている患者に対して心ない言葉を投げかけることもあり、そうなると躁鬱で気分が落ち込んでいる患者はさらに傷つき、自分の殻の中に閉じこもってしまいます。そのため、病院を選ぶときはカウンセリングを行なって、医師との相性を確認しましょう。カウンセリングの段階で合うと感じれば通院を開始し、合わないときは別の病院を探すようにしましょう。

躁鬱の治療で通いやすくて相性の良い医師がいる病院を見つけることも重要ですが、それぞれの病院の違いを知っておくことも大切です。躁鬱の治療をする場合、精神科や心療内科、かかりつけ医などで治療ができますが、まずはかかりつけ医で自分の状態について相談すると良いでしょう。体の状態が悪いと精神疾患と同様の症状が出る場合もあるので、最初にかかりつけ医で身体的な異常がないか検査してもらい、異常がなければ精神科や心療内科を受診しましょう。基本的に心療内科では精神的面の影響によって現れた体の変調を治療しています。例えば、極度の緊張などで胃が痛くなったり、吐き気がする場合は心療内科の受診が最適です。精神科ではうつ病やパーソナリティ障害などの心の疾患を中心に治療しているので、躁鬱を改善したいなら精神科に相談しましょう。また、精神科といっても診療所や大きい精神病院などでも違いがあります。地域に密着している診療所は、規模が小さいので入院施設はありませんが、患者一人一人に対応する時間が長いのでしっかりと話を聞いてくれます。対して、規模の大きい精神病院では体の検査などは積極的に行ないませんが、社会復帰プログラムや福祉面のサポート体制が充実しているので、治療後もすぐに日常生活に戻れるでしょう。